生き方

お金を稼ぐモチベーションを高める方法や維持する方法はあるのかと。

お金を稼ぐモチベーションにゲロ悩みする全ての人々に捧ぐ アイキャッチ 画像

どうも、玉井(@CEOsamohan)です。

今回の記事は、お金を稼ぐモチベーションを高める方法や維持する方法はあるのかについてです。

1人でどこにも属さずに稼げるようになった人の大半が”虚無”に陥りがち、です。

「お金は欲しいけどお金だけをモチベーションに頑張れないよ」
「いつまで成功みたいな謎の概念を追いかけ続けないといけないの」
「もっと自分の人生とビジネスが一致するような働き方がしたいよ」

情報発信ビジネスをはじめとしたネットビジネスはもちろん、会社などの大きな組織に骨をうずめずに1人で生きていくと覚悟を決めた人たちが、いずれ必ずぶち当たる壁について、わがはいの実体験を交えながら簡単に語っていこうではないか、というやつです。

この辺りの哲学的な悩み、まあ哲学と呼べるほど高尚なものではないですけども、こういった働き方の悩みに苦しむ人が、今後ますます増えていく傾向にあるのは間違いありません。

それだけ今の時代は、個人が1人で稼ぐこと”自体”が容易になっている、これはお金の相対的な価値が下がっている現象の1つであり、資本主義という概念に陰りが見えてる証拠でもあるわけで、じゃあそのかわりに何の価値が上がってきているのかと言えば、

「自分らしい働き方や生き方を実現してゆきたい」
「自分にしかできない(と思える)価値提供をしたい」

といったお金以外の”やりがい”というのがその1つ。簡単に言うならば、

「単にお金を稼ぐだけでは満足できないよ」

と感じる人が増えてきているわけであります。

ビジネス、つまりお金を稼ぐ活動を通して、

承認されたい、目立ちたい、使命感を得たい、社会の役に立ちたい、新しいことに挑戦したい、大義を果たしたい、仲間と一緒にいたい、人の上に立ちたい、感謝されたい、一体感を得たい、好奇心を満たしたい、スキルアップしたい…

といった抽象的な欲望”も”同時に満たしていきたい、と感じている人が増えてきている。

つまるところこれは“アイデンティティ”の悩みであり、マズローの5段階のピラミッドのより上の段の欲求を満たしたい、何なら自己超越のステージにさえ至りたい、といったニュアンスなのであります。

おそらく昔の人間に言わせれば、

「なんとまあ贅沢な悩みですわな」
「ウジウジ悩んでんと黙って仕事して力つけろよ」

と一蹴されるような”女々しい”悩みなのかもしれません。

ただ、わがはい自身、この類の悩みで20代の大半を棒に振らせていただいたわけでありまして、その気持ちは死ぬほど痛いほど狂おしいほどよく分かりますw

ネットビジネスを覚えて経済的自立を手に入れた、何なら割と裕福に暮らしていけるだけの経済力と時間的自由を手に入れた先に訪れる、この手の悩みというのは、

「別に頑張ってもっと成功しても意味ないやん」
「目の前のビジネスと俺の人生関係ありませんやん」
「なんかもう自分が何やりたいんかすら分からんくなってきた」

当の本人からしてみれば、稼げなくて悩んでた頃よりも遥かにつらい、つらさの質が違うと言いますか、そこから抜け出せる気配すらなくて、人生そのものが八方塞がりかのように感じられさえする。

自分自身も振り返ってみると「よくぞ虚無に引きずり込まれることなく生き延びた」と昔の自分を抱きしめてあげたいぐらいには、長きに渡る虚無との戦いだったなあと思うわけです。

この辺りについては、わがはいの無料メルマガ講座でも、そのエピソードや抜け出し方について詳細に語っておりますので、是非とも併せてご覧くださいまし。

まあ個人的にはそれだけ難解なテーマだと思ってますので、この記事1つで一撃解決というのは無理にしても、この手の人生の糞詰まりから抜け出すためのヒントなりキッカケになればなと思っておりますよと。

それではどうぞ!

【無料】ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロン

「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい」

そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガサロンを運営してます。
まずは14日間で一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?

現在、以下のページを読んでご登録された方に、
情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中です。

特典はご登録後すぐにお受け取りいただけます。

こちらをタップ↓
ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロンの案内 画像

世界一真面目でふざけたオンラインサロン、やってます。

絶対積極なる人生に突入し、文句なしに死ぬほどおもろい日々を過ごすための思考法や実践法を、

情報発信ビジネスやストリートナンパなどを通して、愉快かつ手加減なしでお送りする世界一真面目でふざけたオンラインサロンです。

 

はみラジオンラインサロン 合宿 集合写真 画像

お金を稼ぐほどモチベーションがなくなって維持できない理由

稼げば稼ぐだけモチベーションがなくなっていく理由 画像

お金を稼げるようになればなるほどモチベーションが低下する。

これは主にビジネスの初期設定の問題です。

例えば、シンプルに「お金を稼ぎたい」という動機だけで始めるということは、モチベーションの大半が”手元にないお金”なわけで、稼げるようになっていくということは、つまりその手元にないお金がどんどん手元にやってくる、ということです。

そりゃあお金を稼げば稼ぐほどモチベーションはなくなっていくのは当然ですww

わがはい自身も起業した当初の頃は、

「とにかくお金を稼ぐ力を身につけたい!」」
「どこか大きな組織に所属してお賃金をもらう生き方は嫌や!」
「まずはどんな時代になっても食いっぱぐれない逞しさを身につけねば!」

と思っておったので、モチベーションのほぼ全てが手元にない“お金”もしくは“お金を稼ぐ力”でした。

最初は楽しかったです。アフィリエイトという言葉すら知らないようなレベルから、本を読みまくり人にも会いまくりネットでも調べまくり、一人で家でホワイトボードと向かい合って頭を捻り散らかす日々です。

その結果生まれたのが、しゃおろん(奥村)とのナンパ塾。起業3ヶ月ほどで年間20〜50万円の価格帯の商品を70本販売し、2千万円ほど売り上げました。

その瞬間は確かに興奮しました。今まで大きなお金を手にしたことがなかったので、あるあるな散財の仕方も一通り経験しました。何なら金の使い方ミスりすぎて勢い余って金使いすぎて借金までする始末でしたw

でも当然こんなものは長続きしません。1〜2ヶ月ほどで落ち着きました。というか飽きました。

この経験を通して“お金”と”お金を稼ぐ力”は手に入りました。

「あ、もう俺何があっても大丈夫やわ」
「能力不足で経済的に困ることは一生ないわ」

という自信もつきました。貧乏とか金グダに対する恐怖や不安も一切なくなりました

そして、見事に虚無に落ちましたwww

何もやる気が出ないのです。次のビジネスを考えたり、よりお金を稼ぐ方法を勉強したりもしました。でも、最後の最後でどう足掻いてもやる気が出ないのですw

相談できる相手がいませんでした。周りのネットビジネスマンたちと話をしても、最高月収いくら達成しただの、最近はこういう集客が流行ってるだの、誰々の教材がめっちゃ勉強になるだの、ビジネスの話ばかり。

当時のわがはいは、

「ああ、こいつらに話しても共感してもらわれへんわ」

と次第に彼らを見下すようになりました。と同時に実は羨ましくもありました。

「この人たちみたいにもっとシンプルに結果を追いかけられたらどれだけ楽か」
「なんで俺はこんなややこしいことグダグダ考えて行動できなくなってしまったのか」

新しい目標がないからあかんのや、と思って、コーチングや自己啓発、自己催眠もろもろを猛烈に勉強しました。この手の怪しいセミナーや講座も買い散らかしました。それでも自分の心の悩みを解決してくれる何かしらに出会うことはありませんでした。

金が手元にあるからあかんのや、と思って、金を使いまくって貯金をゼロにもしてみました。金がなくて困れば金を稼ぐ欲も湧いてくるだろう、という浅はかな考えでした。もちろん、ただ金がなくなって不便なだけで、何の成果も得られませんでしたw

資本主義と距離を置いてみよう、と思って、稼げる仕組みを自分でぶち壊してニートもしてみました。家を引き払って友だちの家に転がり込んで、毎日遊んで暮らすというニートっぽいクズ生活を送ってみました。ただ堕落しただけでしたw

お金を稼ぐモチベーションを高める必要性はあるか

お金を稼ぐモチベーションを高める必要性はあるか 画像
「なんでみんな嫌な顔して毎日仕事してるんや、どうせ死ぬのに」
「てか生きる意味って何なん、究極のゴールって死ぬことでは?」

そうやってどんどん捻くれていき、人生の方向性を見失い、そのうち仕事だけでなく何をするにも意欲が湧かなくなりました。当時は、まじで出家したろかな、とさえ真剣に悩みました。でも当時の自分は、俗世を捨てられるほどの覚悟もありませんでしたww

最終的には、

「あかん、ほんまに詰んだ、何やってもあかん。。。」

ここから抜け出せるなら悪魔と契約して寿命半分差し出すわ、と思えるところまで堕ち切ることに成功いたしましたw

養うべき家族がいるだとか、何らかお金を稼ぎ続けなければいけない理由があれば別ですが、今の時代1人で生きていくだけならば、お金というのはさほど重要なものではありません。

これが、お金だけをモチベーションにビジネスを始めることのトラップ。

お金を稼げるようになったが最後、人生そのものが音を立てて崩れていくのですw

なんかめちゃめちゃ怖い話してるようですが、もちろんこの“虚無”にはめちゃめちゃ個人差があります。これまでネットビジネスで稼げるようになってから働き方に苦しんだ生徒さんも沢山見てきましたが、ご安心ください。みなさんここまでひどくはありませんww

ただ、わがはいは人一倍苦しんだおかげで、この類の虚無に落ちてる人を救い出すのが極めて上手になり、今ではこの虚無から抜け出したい方が、勝手にわがはいのところに相談に来てくれるようになりました。そしてこれまたご安心ください。今のところ百発百中で救い出せておりますww

これまでの経験上、ネットビジネスの業界では、だいたい年収2〜3千万円あたりのレンジで、この手の悩みにぶち当たる人が多いです。逆に言うと、そこまでは悩まずに駆け抜けることができる人が多い。

だから、これから情報発信ビジネスを始める人たちに対しては、

・自分の人生と目の前のビジネスが一致するようなコンセプト設計
・教科書通りではなく自分の抽象的な強みや優位性を活かした結果の出し方
・虚無に落ちてもすぐに自力で抜け出せるようになるための習慣化と環境設定

を中心に学んでもらいながら、目の前のビジネスを実践してもらうようにしていますし、実践途中で虚無に落ちそうになる子がいれば、

「年収3千万までは黙って駆け抜けろ。達成したら存分に悩んでいいから。」

と鼓舞するようにしておりますww

これが、長期的に見て虚無から最も早く抜け出せるルートである、とわがはい自身が確信しているからです。

お金を稼ぐモチベーションを高める方法はあるか

稼ぐ モチベーション 高める方法 画像

「最初からお金や出世、成功そのものにあまり興味がないよ。」

という人もいます、むしろこれからの時代どんどん増えていくことでしょう。

個人的には、それは素晴らしいことだと思います。

ただ中には、そう言う人に対して、

「いやもっと自分の欲望に素直になれって!」
「どうせスカしてるだけでしょ?これだから悟り世代はww」

と、欲が小さい人のことをまるで“弱い”とでも言いたそうなニュアンスで物申してくる人がいますが、彼らは自分のモノサシでしか人を測れないアホなので、彼らの意見など全く気にする必要はありません。

時代の流れを考えても、進化してるのはむしろ最初からお金に興味がない側であって、承認されたいのか誰ぞを見返したいのか知らんけど、いつまでも”典型的な成功”を追いかけてる奴らのほうが、どう考えても”型落ち”なのですww

わがはい自身も起業当初、なぜあんなにもお金を稼ぐ力に固執したのかと言えば、シンプルに家庭環境の問題でした。

親がずっと水商売で、何十年も高級クラブ経営してたのに、バブル弾けて段々と規模が小さくなって、最終的には離婚。原因は甲斐性なしの父親。

子どもながらにずっとそんな背中を見ながら、

「己の力不足で女一人守れないような男にだけはなったらあかん。」

という古臭い考え方が脳みそに刻み込まれてしまったわけですww

で、刻み込まれてしまったもんは仕方がありませんw

“金稼ぐ能力ない=生きる価値ない”ぐらいまで一人で勝手に妄想を膨らませ、欲と恐怖を増大させ、一人で勝手にギラついた結果、学生時代に起業するに至ったと。

でもそのせいで、成功とか努力とかお金とか能力とか、そういった資本主義的な概念に囚われすぎて、人生的にはえげつない遠回りさせられる羽目にもなったとw

もちろん今ではそういう家庭環境にも感謝してますが、一般的にはそんな“歪み”はないほうがいいに決まってます。

だから、お金や成功そのものに興味が湧かない人は、誰に何を言われようが、

「なんで自分は人より欲望が小さいんやろ。。」
「もっとお金とか成功を追いかけた方がいいんかなあ。」

なんて悩む必要は一歳ありません。抽象度の低い欲や恐怖に振り回されないことを強みと捉えた上で、やはり自分の人生を前に進めることだけに集中すればいいのです。

一般的なお金を稼ぐモチベーションを高める方法に茶々

よくある お金を稼ぐ モチベーション やる気 画像

続いては、ネット上で囁かれる一般的な”お金を稼ぐモチベーションを高める方法”に対して爽やかに茶々を入れていくコーナーですww

将来成功している姿を強くイメージする

将来の自分の理想の姿をイメージして、その臨場感を高めることで、自らをモチベートする。

これはいわゆる”アファメーションをする“ということですよね。

アファメーションは実践が伴っていれば効果あるので、その前提でやるのはめちゃめちゃ良いことではあります。

▶︎なぜアファメーションは意味ないのか。そのメカニズムと正しいやり方。
(別記事が別タブで開きます)

ただ、逆方向からのアプローチをする、という視点があると、尚良いかなと思うのでそんな話を少しだけ。

と言うのも、人間は主に”欲と恐怖”に対する感情が行動の原動力になるわけですが、このご時世、欲を原動力にするのが昔と比べてどんどん難しくなってきているんですね。

言い方を変えれば、昔と比べて明らかに物質的に豊かになりすぎていると。

例えば、Z世代は挑戦しなさすぎるだの、現実主義すぎるだの、欲がなさすぎるだのと言われたりもしますが、これも物質的に豊かすぎることが大きな要因の1つなわけです。

何もZ世代が悪いわけじゃないし、どちらかと言えばZ世代はそれよりも上の世代を見て育ったわけで、であれば悪いのはZ世代を否定しているまさに上の世代の方々では?、とも思うわけですが、まあそんなことはどうでもいいですねww

とにかく、なんらか自分をモチベートしたい時に、欲の方向からはアプローチしづらい外部環境に我々(Z世代に限らず)は生きてる、ということ。

それに対して、どんどんアプローチしやすくなってきているのが、恐怖です。

「絶対にあんな風にはなりたくない」
「このままでは嫌だ、なんとしても抜け出したい」

みたいな感情っすね。

世界情勢不安、日本経済の停滞、メンタルヘルスの悪化などなど、今って日本も世界も元気ないじゃないですか。しかも今後もっとこの流れは加速する気配があると。

これは視点を変えれば、危機感とか忌避感のような感情をうまく使いやすい状況、とも言えるわけです。

特に人間の脳みそは、ポジティブよりもネガティブな感情のほうが何倍も増幅させやすい。

まあ要は、欲と恐怖、引力と斥力、両方向からアプローチするのがおすすめですよ、という当たり前の結論を言いたかっただけでございますww

お金持ちの生活を体験する

これは注意しないと人生遠回りさせられる羽目になる系の方法ですねw

というのも、こんなことはやりたい奴が勝手にやることであって、誰かに、

「君はもっとお金持ちの生活を体験した方がいいよ。」

と言われて初めてやるというのは、意味が違うというか、意味がないというか、逆効果の可能性すらあるというか。

わがはいも20代前半までは、お金を持ったことがないゆえに人並み以上に金銭欲があったので、こういうことをよくやってました。

極貧大学生のくせに、帰省する時の新幹線は基本グリーン車、大した距離でもないのにタクシー使ったり、高いホテルに泊まってみたり、記念日でもないのに高級な飯を食いに行ったり、小物は全部ブランド物にしてみたり。

ただこういうのは、誰に言われなくとも勝手にやりたくてやってしまってるだけ、当の本人は衝動を抑えられてないだけであって、何も褒められたことではないのですww

つまり、別に本人にそんな衝動がないなら、特別やる必要なんてない。

むしろ、無駄なお金の使い方をしない、という強みをビジネスで活かして欲しいとさえ思います。

というのも、この業界で年に2〜3千万稼いでるような人たちでも、お金の使い方が下手すぎて、実は自転車操業みたいな働き方してる人もよく見かけますし、それで身を滅ぼした人も実際に何人も見てきました。

お金の稼ぎ方は知ってても、お金の使い方を知らない人が多いと。

この業界だったら、年数千万規模あたりから徐々に稼ぎ方より使い方が大事になってきます、収益を伸ばす的な意味でも

と話逸れかけてますが、そもそもこれからの時代、お金をモチベーションにするなんて時代遅れ、という考え方もできるわけです。

なのであまり気にする必要はないでしょうww

目標を書き出して無意識に刷り込む

結論、この類のノウハウは基本的に微々たる効果しかない、と思った方が健全です。

というのも、わがはいはこういったアファメーション的な方法論に期待しすぎて、20代前半を棒に振らせて頂いた経験があるからですw

だからこそ言いたいというのもあるし、そもそも科学的に考えても、紙に書いた程度で無意識に刷り込めるわけなどありませんよね。

紙に書いてそれを自室の壁に貼って、毎日その自作のマントラを唱える。これをしっかり習慣化できて初めて少し効果がある程度、だと思った方がいいかなと。

セルフで心拍数や体温を変えられるくらいホメオスタシスに介入できる能力者なら別ですが、まあそんな人ほぼいないですし、LSDやキノコを使って強烈な変性意識状態になった上で刷り込むならこれまた話も変わってきますが、さすがに普通に違法であるとw

思考は現実化する、みたいな話は別に誤りではないけれど、多くの人にとっては耳心地の良い理論ゆえに、その効果に期待しすぎてしまって、結果的に目の前のことを疎かにしてしまう、というデメリットも同時に存在します。

そもそも流行ってる時点で何かトラップがある、と考えたいところ。

昔の自分に伝えたいメッセージランキング堂々のNo.1ですww

お金を稼ぐモチベーションを維持し続ける最強のコツ

お金を稼ぐモチベーションを維持し続ける最強のコツ 画像

ビジネスを始める主たる目的が”お金”であること自体が悪いわけではありません。そんなものほとんどの人がそうでしょう。問題は実践のプロセスにあるのです。

目の前の行動を積み重ねつつ、結果を出しながら、徐々にお金以外の”やりがい”に目を向けていくこと。

承認されたい、目立ちたい、使命感を得たい、社会の役に立ちたい、新しいことに挑戦したい、大義を果たしたい、仲間と一緒にいたい、人の上に立ちたい、感謝されたい、一体感を得たい、好奇心を満たしたい、スキルアップしたい…

もちろん人によってそのやりがいは異なりますが、目の前のビジネスという活動の結果、お金を含むあらゆる“報酬”が得られるように、なるべく幾重にも意味が重なるように、抽象的な軌道修正をしていくことが求められる。

ここでの、一番のトラップは“成功”の概念に囚われてしまうことです。

成功というのは資本主義が作り出した概念です。これは言い換えれば、みんなが成功という概念に囚われてくれると大きく得をする誰かがいる、ということ。

つまり、成功にこだわってる時点でマーケティングを仕掛けられてる(=損をさせられてる)わけなので、成功にこだわる人というのは、成功をこだわったことが原因で結果的に損をして成功できない、という滑稽な矛盾を抱えていますw

なにも資本主義を否定しているわけではありません。資本主義の健全な競争の結果として、今の我々の豊かな生活があるわけで、現時点ではまだ最も理にかなったシステムゆえに維持されているわけです。

ただ、何事にもメリットデメリットがあるように、資本主義にもデメリット、歪みがある。

その歪みを認識できる能力、資本主義を”横から見る能力”とでもいいましょうか。それこそが資本主義の競争に巻き込まれないために必要な力であり、同時にこの資本主義の競争に勝つための能力でもある、ということです。

資本主義があって自分の人生があるのではなく、自分の人生があって資本主義があるんでしょうと。

であれば、自分の人生の流れや方向性を自覚した上で、ビジネスの実践を通しながら資本主義との付き合い方を覚えていくことが、人生を豊かにすることにも、資本主義の競争に打ち克つことにも繋がるでしょうと。

成功という概念自体が何者かによって作り出された幻想であるならば、自分の内側に成功のモチベーションなんてものは存在しません。

資本主義が発展した結果、これだけ物質的に豊かになった日本で、お金を稼ぐ意味なんてものは年々なくなっていってるわけで、お金を稼ぐこと自体のモチベーションなんてものもたかが知れてます

でも資本主義だろうが、ゆくゆく共産主義の世界がやってこようが、自分の人生を自分なりに盛大に前に進めていきたいという欲求だけはあるはずです。

であるならば、自分の人生を前に進めることだけに集中すればいいのです。

自分の人生を前に進めてたら、貧乏になるわけないし、経済的に自立できないわけがない。
自分の人生に集中していれば、資本主義の競争に負けることなんてない。だってこの世界は資本主義だから。

そういう感覚でビジネスに取り組めるかどうか、なのです。

自分の強みや優位性を活かしながら社会性のある活動してたら、そりゃ大いに誰かの役に立って世の中に価値提供することになるんだから、金が増えていくのなんて当然でしょう。貧乏は風邪。金なんて持って当たり前。

そういうエフィカシーを持てるかどうか、なのです。

▶︎苫米地英人氏が語るエフィカシーをめっちゃ感覚的に語ってみるやつ
(別記事が別タブで開きます)

まとめ

お金を稼ぐモチベーションにゲロ悩みする全ての人々に捧ぐ まとめ 画像

1人でどこにも属さずに稼げるようになった人の大半が陥りがちな”虚無”について語ってきました。

これをお読みの方の中には、

・これから食いっぱぐれないスキルを身につけようとしている人
・そこそこ稼げるようになってまさに虚無に落ちそうになってる人
・人生の方向性を見失って自分が何をやればいいか分からなくなってる人

色々な方がおられるかと思いますが、資本主義は黙っててもあと20年も持たずに崩壊します。金融資本主義はもう随分前に崩壊したし、今は実質的にアメリカではなく中国に世界の覇権が移りつつあります。そしてその流れは誰にも止められません。

つまり、我々が生きてるうちに、今の資本主義をアウフヘーベンした形の共産主義の世界が到来します。

それまでどう生きるか、は自由です。

どうせ終わるなら、と資本主義から逃げて肩身の狭い人生を謳歌するのも、資本主義との付き合い方を積極的に覚え、自分の人生を盛大に前に進めていくのも、個人の自由です。

もちろんはみラジとしては、圧倒的に後者をおすすめさせて頂いておりますww

「そういう奴らで集まって、みんなでめっちゃおもろいことやろや!w」

というのが、はみラジのオンラインサロンを開設した理由の1つでもあるからです。

この記事を読んで、我々の思想に共感してくれた方は、是非はみラジのオンラインサロンの詳細ページをご覧くださいまし。

また「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」そんな世の中に違和感を覚えるセンス溢れる方は、ぼくの無料メルマガをご覧くださいまし。

現在ご登録されると、情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中ですので、さっそく受け取って学んでください。

はみラジブログを読んで質問や相談がある方は、

玉井Twitterアカウントのフォロー
はみでかけのレイディオのチャンネル登録

この2点をしてDMを送ってくださいまし。次回のはみラジLIVEで回答いたします!質問や相談内容にNGはありませんので、お気軽にどんどんDMくださいませ!

というわけで、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

世界一真面目でふざけたオンラインサロン、やってます

絶対積極なる人生に突入し、文句なしに死ぬほどおもろい日々を過ごすための思考法や実践法を、

情報発信ビジネスやストリートナンパなどを通して、愉快かつ手加減なしでお送りする世界一真面目でふざけたオンラインサロンです。

はみラジブログ CTA 画像

【特典付】ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロン(無料)

「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい」

そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガサロンを運営してます。
まずは14日間で一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?

現在ご登録された方に、
情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中です。

特典はご登録後すぐにお受け取りいただけます。




※ご登録いただいた情報はプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします
※許可無く第三者に情報を譲渡・貸与することはありません

詳細はこちらをタップ↓
ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロンの案内 画像

【特典付】読むだけで人生が変わる、おもしろナンパストーリー(無料)

人間関係・メンタル・ナンパ・人生のバンジージャンプなどなど、おもろい人生を形成していくために必要なことが全て学べるメルマガサロンを運営しております。現在1200人以上が参加されています。

現在ご登録された方に、特典として86ページ計5万7千字に及ぶ卒論より長いノートをプレゼント中です。特典はご登録後すぐにお受け取りいただけます。

これを読むだけでも人生がおもろくなってくると評判でございますぜ。

※ご登録いただいた情報はプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします
※許可無く第三者に情報を譲渡・貸与することはありません

詳細はこちらをタップ↓
しゃおろん塾 メルマガ 画像