ビジネス

情報発信ビジネスが怪しいだの詐欺だの言われるこんな世の中じゃ。

情報発信ビジネス 怪しい アイキャッチ 画像

どうも、玉井(@CEOsamohan)です。

今日は「情報発信ビジネスが怪しいだの詐欺だの言われるこんな世の中じゃ。」というタイトルでお送りしますねPOISON。

『情報発信ビジネス』という言葉は、10年ぐらい前からわがはいが勝手に使い始めたんですが、当時は『情報商材』という言葉のイメージがいま以上に悪くて「それとは全く違う真っ当なビジネスやで!」ということを伝えたいがために、なんとも微妙なネーミングセンスを披露した結果、生まれた言葉でありますw

「今の時代どんな商売でもネットで情報発信してるんやから、情報発信ビジネスって何か言ってるようで何も言ってないのと同じでは?」

という、この名前に込められた先見性のなさこそが、今となってまた一段と怪しさを醸してもうてる説ありますが、業界のことを考えるとほんまにね、誰かセンス&パワーある奴にめっちゃええ名前つけて欲しい、と心から思っておる次第ですw

YouTubeの動画投稿者だって昔はクソ怪しかったわけで、それが『YouTuber』だとか『好きなことで、生きていく。』だとか、そういうイカした標語が生まれたことで市民権を得て行った側面もあるわけで、そろそろこの業界もそうなってくれてもええのにと。

とはいえ「怪しい商売ほど儲かる、カッコいい商売ほど儲からない。」というのもこれまた真理なわけで、なので個人的には、

「ずーっとビミョーに怪しい業界であり続けてくれ!w」

とも思っている、そんな情報発信ビジネス歴11年、指導歴9年のわがはいのバイアスまみれの視点で、『情報発信ビジネス』の怪しさについてと、そんな業界の中で気高く生き残っていく方法についてを、初心者の方にも分かるように簡単に語ってみようと思います。

【無料】ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロン

「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい」

そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガサロンを運営してます。
まずは14日間で一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?

現在、以下のページを読んでご登録された方に、
情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中です。

特典はご登録後すぐにお受け取りいただけます。

こちらをタップ↓
ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロンの案内 画像

情報発信ビジネスとはどういう業界なのか

情報発信ビジネスとは 画像

この業界の怪しさについて語る前に、そもそも情報発信ビジネスは何なのか、的なことを前提として補足しておきたいと思います。

後述しますが、情報発信ビジネスは元を辿ると”情報商材”が源流です。

そう聞くと、

情弱相手に不安や恐怖を煽ってIQを下げさせて価値のない商品を売りつける商売

みたいなイメージを持つかもしれません。というかわがはい自身、ネットビジネスを学び始めた頃まさにそう思ってました。

情報商材屋は、口から出まかせ言うて頭の弱いやつから金をむしり取ってる半グレ崩れみたいな輩、やとww

半グレの時点で崩れてんのに半グレ崩れって何やねん、ってかんじですけども、まあ世の中には意外とそんな人いっぱいいるじゃないですかww

ただ、情報商材屋の名誉のために申し上げておくと、実際はそんなことはありません。

今の時代、情報発信ビジネスは特に、

英会話・大学受験・筋トレ・ダイエット・起業・占い・自己啓発・コーチング・恋愛・副業・投資・転職・資格試験・中学受験・美容…

とあらゆるジャンルで実践されているし、ココナラやストアカなどのスキルシェア系のプラットフォームや、UdemyやSchooなどのオンライン学習サービスの台頭もあって、著名人などではない一般人のコンテンツやサービスを購入することはもはや当たり前。

わがはいがネットビジネスを始めた頃なんて「ネット決済そのものが怪しい」と思われていたので、そう考えるとめちゃくちゃやりやすい時代になったなあと。

要はここ10年で、人に何かモノを教えて、何らか成長や変化を実感してもらい、満足してもらう商売。それもオンラインで集客してオンラインで販売、オンラインでサービス提供する形態が一般的になった。

何なら“プログリット”のような英語学習サービスが上場して、その社長が女子アナと結婚する時代ですww

結論、怪しいどころかイケイケドンドンな業界、その一丁目一番地が情報発信ビジネス。

若干の希望的観測も込みですが、今はそんな夢のある業界であると認識してもらって大丈夫ですw

情報発信ビジネスとは何かといった基本から学びたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▶︎「情報発信ビジネスとは何ぞや」その基本を分かりやすく簡潔に解説してみたやつ。
(別記事が別タブで開きます)

情報発信ビジネスが怪しい印象を与える根本原因

情報発信ビジネス 怪しい 原因 画像

『情報発信ビジネス』という言葉はぼくが勝手に命名したものだ、とは言いましたが、正確にはおそらく10年ほど前に同時発生的に生まれた言葉、であるがゆえにその定義もあいまいです。

・広告収入のためにSNSで情報発信してる人
・noteやbrainでコンテンツ販売をして稼いでる人
・店舗集客のためにInstagramやTwitterをやってる人
・オンラインサロン集客のためにSNSやYouTubeをやってる人
・高単価案件を獲得するためにSNSで発信するフリーランサー

と、具体例なんて挙げ出したらキリがないくらいに沢山あります。

つまり、ネットで情報発信をしてそれを何らかの形でマネタイズしてるならば、それはもう広義の情報発信ビジネスであると言える、と思います。

「ほな怪しいもクソもないやんか、みんなやってるねんから。」

その通りです。

そもそも「何でもかんでも怪しいと言うタイプの頭の弱い人」というのはいつの世も一定数いるよね、というだけの話で、その人たちからすれば、ブロックチェーンもメタバースも怪しい、若手起業家も副業で稼いでるサラリーマンも全員怪しいのですww

ただ、ぼくが定義する狭義の情報発信ビジネスとは、

ネットで集客しDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という手法を使ってマネタイズするビジネス

であって、この場合は客観的に怪しいと言われても仕方ないなと思える点はあります。

それが、この商売は情報商材が源流であるという点です。

DRMについての解説は省きますが、20年くらい前に神田昌典氏がアメリカから日本に輸入したマーケティング手法で、例えば年商10億以下くらいの小さな会社であれば、この手法を使ったら爆裂に業績が伸びます、というような文脈で流行りました。

▶︎あなたの会社が90日で儲かる!

あなたの会社が90日で儲かる! 画像

この本が有名なので、その辺りを勉強したい方は読んでみるといいです。普通に良本です。

で、この手法を使ってネット上で目立った稼ぎ方をしたのが、当時の情報商材屋。

つまりDRMという手法自体は何も悪くない、何なら最先端のマーケティング手法なのに「DRM=情報商材」という紐づけをされてしまったと。

包丁を使えば美味しい料理もできるし人も殺せる、でも包丁自体には罪はないよね。

むっちゃ雑に言うと、こういうことですねw

情報発信ビジネスで真っ当な商品を作る方法については、以下の記事をご一読くださいませ。

▶︎情報発信ビジネスで独自商品を作ってゼロイチ突破するための大前提
(別記事が別タブで開きます)

情報発信ビジネスが怪しい・詐欺だった時代の話

情報発信ビジネス 怪しい 詐欺 画像

もっというと、情報商材自体も何も悪くないのです。当時はまだ新しかったから「情報を売るなんて怪しい」とされてましたが、

「ほな有料記事もkindleもnoteも怪しいんかい。」

っちゅう話で、今では買ったことない人のほうが珍しいぐらいだと思います。ただ当時は新しいがゆえに、業界のルールなんてあってないようなもの、法律だって追いついてない、だからブラックな情報商材屋が悪目立ち=荒稼ぎできた、というだけの話なのです。

当時は、末期癌を宣告された人向けに「絶対に癌が治る方法」と称して高額の商材を売りつけるだとか、「パチンコで絶対に負けない方法」をいう数万円の商材を買ったら、紙切れ一枚入ってて「今すぐパチンコをやめろ」と一言だけ書いてたとか、

「いや、それはあかんやんかw」

みたいなものもあったし、ガチ詐欺だって割合的には今よりも沢山ありました。

ただ、詐欺系の情報商材で目立って稼いでた人というのは、生粋のネットビジネスマンではなく、もっと前には出会い系の詐欺で稼いでた人であり、情報商材バブルが落ち着いたら今度は仮想通貨の詐欺で稼いでた人であり、今では…と生業を転々としてる半グレ崩れの人たち。

つまり、情報商材業界そのものが彼らの被害者でもある、と言えなくもない。

情報発信ビジネスの源流である情報商材が怪しいと言われる背景は、こんなところです。

もう1つ、情報発信ビジネス自体が怪しいと言われても仕方ない理由があります。

それが、情報発信ビジネスをしている人の多くが、絶妙に誇大広告の規制に引っかかりそうな表現をしまくっている、という点ですww

雑に言うとビジネス系であれば「いくら稼げます」みたいな表現、ダイエット系であれば「何キロ痩せます」みたいな表現のことですね。

基本的に、広告や販売ページの審査、契約書などはリーガルチェックしますが、例えばSNSやYouTube、公式LINEやメルマガで発信する内容も全てその表現をチェックしてもらってる、なんて人はほぼいませんw

例えば、

・「ぶっちゃけ誰でも稼ぐことができます」
・「1日たった5分で痩せる唯一の方法です」

みたいな断定表現もアウトだし、

・いつも無料なのに「今だけ無料!」と書いてる
・「残り◯人です!」と限定性を煽ってるけど実は嘘

みたいな虚偽の表現もアウト、とまあこの辺は分かりやすいですが、他にも景品表示法で規制されてる表現は沢山あるので、厳密には大体の発信者がアウトになってしまいます。

ぼくもたまに「一生モノ」とか「最短最速」とかポロッと言ったりしますが、これも厳密にはアウトですww

あまりに違反してる人が多すぎて極端すぎるものや規模がでかいもの以外はお咎めなしな現状と、それゆえの業界全体のこの問題に対しての認識のゆるさが、怪しさの原因の1つになっておる、というわけですね。

詐欺とか怪しいとかとは無縁の情報発信ビジネスを

詐欺・怪しいとは無縁 情報発信ビジネス 画像

「じゃあ真っ当に情報発信ビジネスで稼ぐためにはどうしたらいいか」という話になるわけですが、別に何ら難しいことはありません。

結論から言えば、普通にやればいいのですw

昔であれば、情報商材屋だと周りから揶揄されようが信念持ってやるしかなかったわけですが、今では誰もが情報発信する時代。

さっきまでは記事の都合上、敢えて怪しさについて掘り下げて語ってきましたが、今は情報発信を教えるスクールが上場するような時代です。ぶっちゃけ情報発信を怪しいと思ってる人なんてほとんどいませんし、仮にいたとしても気にする必要などありません

だから真っ当に稼ぎたければ、

「ビジネスの勉強をしましょう!」

ぐらいなもんで、もう少し具体的に言うならば、

「DRMをちゃんと勉強しましょう!」

ぐらいなもんです、本当に。

情報発信ビジネスを含むネットビジネスを教える人たちは、まるで新しい稼ぎ方が登場したかのように、

〇〇マーケティング、〇〇攻略、〇〇戦略、〇〇ノウハウ…

みたいな言い方をしてコンテンツを売ったりしてますが、こういう下流の情報に振り回されないようにしましょう、と言い換えてもいいかもしれません。

というのもこんなものは「最新のダイエット手法が登場しました!」と言ってるのと同じなわけです。

それ自体は何も悪くないです、別にその手法自体が嘘というわけではないし、そういう新しい訴求の仕方をし続けていくことは販売者としても業界としてもむしろ健全、正しいと思います。

ただ、最新の方法を追いかけ続けてる人でダイエットに成功してる人なんて見たことないですよね、という話ですww

ダイエットに詳しくなりたいのか、それとも本当に痩せたいのか、の違い。

情報発信ビジネスも同じです。ノウハウを追いかけ続けてる人というのは、博識になることはあっても、稼げるようにはなりません。

詳しいだけで結果は出てない、ほど恥ずかしいことはありませんからねww

だからペラッペラの情報ばかり仕入れるのではなく、ちゃんと腰据えて原理原則から学びましょうよと。その上で、実践しましょうと。そして、その実践を続けましょうと。

じゃあ情報発信ビジネスの原理原則はどこにあるのか、それがDRMですよ、というわけです。

別に原理原則をマスターしなければ稼げませんよ、と言ってるわけではありません。DRMの原理原則、つまり普遍的なビジネスの定石というのは、みたいな風に本質ばっかり追求してもしゃーないです、これもまた1つの博識ルートです。

だからとりあえず一通りDRMを勉強したら、あとはとにかく実践を中心に、実践によって理解を肉付けしていきましょうと。

なんかめんどくさい言い方してもうてますが、なんとなくわがはいの言いたいことを汲み取って頂ければと思いますww

情報発信ビジネスで稼げない原因については、以下の記事をお読みくださいませ。

▶︎情報発信ビジネスで稼げない抽象的原因1選
(ブログ内の別記事に飛びます)

情報発信ビジネス界隈の詐欺に遭う人、遭わない人

情報発信ビジネス界隈 詐欺 画像

さて次は、詐欺に遭わずに情報発信ビジネスを学ぶコツについて触れないといけないのですが、これまでわがはい自身、沢山の商材やセミナー・講座を買い散らかしてきましたが、

「あーなんか思てたんと違った、買わんかったら良かったわw」

と思ったことは何度もあれど、詐欺に出くわしたことは一度もありません。

なので、こんなこと言うと誤解を招きまくりそうですが、

「詐欺に遭う人は遭うし、遭わない人は遭わない、というだけの話では?」

と思ったりもします。いや、もっと果敢に誤解を招きに行きましょう。

「詐欺に遭う方も悪いと思います。」

はい、最悪の一言が出ましたねww

でもぶっちゃけ、そう思いません?w

思わないですよね、すいませんww

ただですよ、詐欺を無くすというマクロな話ではなく、個人が詐欺に遭わないために、というミクロな話なのであれば「詐欺を断罪せよ!」なんてことを言うてても何の意味もないと思うわけですよ。遭わなければええだけの話なんで。

で、じゃあどうすれば遭わずに済むか、逆の言い方をしましょう。どうして遭うのかと言えば、その人が詐欺のターゲットだから、つけ込まれる心のスキがあるから、なわけですよね。

そもそも悪徳業者や詐欺業者なんてどの業界にもいるわけです。美容や整形、健康食品、自己啓発、中古車販売、不動産投資、MLM、サーフィンやダイビングでも、大手銀行の窓口営業だってヤバいわけで、こんなもの挙げ出せばキリがありません。

この業界だと、第三者視点で販売者を詐欺だと批判してる詐欺ブロガーもいますし、詐欺から消費者を救うと謳ってる弁護士にもヤバい奴はいます

つまり、詐欺に遭わないコツなんてものはなく、そもそも詐欺に遭いづらい人になるしかない、と思うのです。

それでも敢えて挙げるならば、一番の自己防衛のコツは「マーケティングを学ぶこと」だと思います。

人にマーケティングを仕掛ける側の視点を身につければ、詐欺や悪徳業者に引っかからないだけでなく、他人に価値観を植え付けられたり、メディアのプロパガンダに踊らされたりすることなく、賢い選択ができるようになるから、ですね。

と、ここで、

「いやこれもまた、読者にマーケティング商材を売りつけるためのこいつのポジショントークかもしれないぞ。」

と思われた方はきっと大丈夫です、思わなかった方はお気をつけくださいwww

情報発信ビジネスは副業でもまともに稼げるのか問題

情報発信ビジネスは副業でも稼げるのか 画像

最後に、

「副業として情報発信を始めてもまともに稼げんのか?」

というお悩みに関して、少しだけ追記をば。

副業となると、およそ平日は2〜3時間、休日で4〜5時間程度の作業・勉強時間になるかと思うんですが、この程度のリソースでまもとに成果出るんかと。本業で24時間体制でやってる奴に負けてまうやないかと

そういう悩みっすね。

どの程度の時間でどの程度の成果が出るかは個人差“しか”ないので言及しませんが、副業よりも本業のほうが絶対に有利かというと、

「意外とそんなことはないのですよ?」

ということだけは言っておきたいなと。というのも、ネットビジネス業界とりわけ情報発信ビジネス界隈においては、

・自由な生き方、働き方、ライフスタイル
・時間的自由、経済的自由、精神的自由、場所的自由、人間関係的自由

みたいなものを目標に掲げる人が多いというか、もはや「自由な人生」が標語みたいになってるような雰囲気さえ感じます(個人的にはこれめっちゃ違和感ありますが)。

がしかし、これまで、

・副業で頑張ってる人
・副業から本業に転生した人
・最初から本業として始めた人

それぞれ100人単位で指導してきた中で、

副業から本業に転生してから逆に売上が下がった、シンプルに作業量が減った、謎に人生で悩むようになった…

そんな人たちも沢山見てきました。

その原因を一言で言うならば“虚無”です。

ネットビジネスで元気に逞しく沢山お金を稼いでいくための最大の敵は“虚無”である

と確信しているわがはいですが、それがなぜかと言いますと、ある程度この業界にいる方はお分かり頂けるかと思いますが、稼ぎ方とかノウハウとかよりも遥かに、外部環境とか生活習慣とかルーティンとかメンタルのほうが鬼のように大事なんですよね。

ってこんな現実的な話をしても、真新しさもないし全然おもんないんし、わがはい自身もできることならば、もっと刺激的なこと言うて読者さんに夢見させてノウハウ沢山売りたいんですけどもw、

それでもやはり、10年以上この業界にいて、経験則的に本当にこれこそが本質である、と気づいてしまったんだから仕方ありませんww

要は、はみラジでもよく言ってる“習慣”“環境設定”の問題です。

ネットビジネスは、基本的に個人で1人で全て完結します。

極端な話でもなんでもなく、例えば家から一歩も出ることなく、煩わしい人間関係も一切なく、いつでも好きな時に仕事をして、しっかりとお金を稼ぐことができます。自動化や仕組み化を覚えれば、ほったらかしで金が入ってくる状態だって作れる。

で、これが逆に大いにトラップになりうるのです。

仕事上の人付き合いがなさすぎて、外からの刺激がなさすぎて、やればやるだけ毎日が退屈になっていき、心が衰弱していって人生まるごと停滞する恐れがあるとw

例えば最終的に、

「サラリーマン時代はあんなに嫌だった会社の飲み会が、今では少し羨ましいとさえ思うようになりました…」

なんて言うてくる人にも何人も出会いましたww

そう考えてみるとですよ、会社という“外部環境”は案外悪くもないのです。

黙ってても安定収入が入ってくるし、黙ってても仕事もどんどん与えてくれる、つまり虚無りたくても虚無らせてくれない環境になってるわけです。

個人よか遥かに社会的信用だってあります。

たとえポンコツでも、黙って会社行って嫌々でも仕事してりゃ、給料分以上の生産的な働きができるようなシステムを作ってくれてるわけです。

これってシンプルに、個人にとっても世の中にとっても、めっちゃ素晴らしいことだと思うわけです、そういう視点で見てみれば。

求められてる答えになってるかは分かりませんが、個人的には、

副業は本業よりも遥かに不利である。

とは全く思いませんし、むしろ今どこかにお勤めなのであれば、その環境を上手に利用しながら情報発信ビジネスを構築していって欲しいな、というのが本音であります。

まとめ

情報発信ビジネス 怪しい まとめ 画像

さて、「情報発信ビジネスが怪しいだの詐欺だの言われるこんな世の中じゃ。」というタイトルでお送りしてきました。

わがはいの情報発信ビジネスの原体験は、11年ほど前に和田秀樹氏という大学受験界で有名な方の情報商材をアフィリエイトしたことです。

当時1本1万円という報酬でしたが、メルマガを1通書くごとに1本ペースで売れてたので、

「うわ、メルマガ書いたら1万円儲かるやん!すげえ!」

と売れるたびに感動してたのを覚えていますww

ただ、それもしばらくして廃刊にしてしまいました。なぜなら、それ以上儲からなかったからです

本当はアフィリエイトでお小遣い稼ぎしたかったのではなく、自分の大学受験のオンライン塾みたいなものを作ったり、マンツーマンの家庭教師のサービスを売ったりして大きく稼ぎたかったのですが、当時はそんな商売できっこありませんでした。

なぜなら、ネットでモノを買うこと自体が怪しい、とされてた時代だったからです。受験ジャンルはお金を出すのが親です、有名人の名前がついた商材をアフィリエイトするぐらいしかできませんでした。

それが今では、YouTubeやInstagramで大学受験系の情報発信をして、自分のオンライン塾やコンテンツを販売したりしている人が沢山います。ほんとにいい時代になったなあと思います。

情報発信ビジネスのジャンル選びで迷っている方向けの記事もありますので、ご覧ください。

情報発信ビジネスのジャンル選びに迷ってる人はこれを読んでくださいね。 アイキャッチ 画像
情報発信ビジネスのジャンル選びに迷ってる人はこれを読んでくださいね。どうも、玉井(@CEOsamohan)です。 今回は「情報発信ビジネスのジャンル選びに迷ってる人はこれを読んでくださいね。」という...

当時は情報発信ビジネスという言葉すらなかった、そう考えると、今ではそれが怪しいとか言われるようになったことすらも、ぶっちゃけ嬉しくもあるのですw

この記事をきっかけに、情報発信ビジネスを本格的に勉強してくれる人が増えたらいいなと思います。

というわけで、情報発信ビジネスを学びたい方は、BizCampの無料メルマガぼく個人の無料メルマガを是非読んでみてくださいね、と最後に我田引水しておいて、おしまいにしたいと思いますw

▶︎「ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガコミュニティ」はこちら

現在、上記の無料メルマガにご登録されると、情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中ですので、さっそく受け取って学んでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!それでは!

はみラジブログを読んで質問や相談がある方は、

玉井Twitterアカウントのフォロー
はみでかけのレイディオのチャンネル登録

この2点をしてDMを送ってくださいまし。次回のはみラジLIVEで回答いたします!質問や相談内容にNGはありませんので、お気軽にどんどんDMくださいませ!

世界一真面目でふざけたオンラインサロン、やってます

絶対積極なる人生に突入し、文句なしに死ぬほどおもろい日々を過ごすための思考法や実践法を、

情報発信ビジネスやストリートナンパなどを通して、愉快かつ手加減なしでお送りする世界一真面目でふざけたオンラインサロンです。

はみラジブログ CTA 画像

【特典付】ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロン(無料)

「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい」

そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガサロンを運営してます。
まずは14日間で一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?

現在ご登録された方に、
情報発信ビジネスの全体像とゼロから始める手順などを丁寧に解説した、動画4本・PDF4本(全文書き起こしやノート・音声も)を全て一気にプレゼント中です。

特典はご登録後すぐにお受け取りいただけます。




※ご登録いただいた情報はプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします
※許可無く第三者に情報を譲渡・貸与することはありません

詳細はこちらをタップ↓
ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガサロンの案内 画像